shrichangの日記

好きな漫画や小説の感想、オンライン講座、心の健康のことなど書きます。

痛快! 婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ

 

婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ」を一気読みしました。

 

 

婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ【電子書籍】[ 平 未夜 ]

価格:682円
(2019/12/21 16:44時点)
感想(0件)

 

 

 

〜ネタバレあります〜 

 

 

 

 

タイトルでちょっと馴染めないジャンルかも・・・と思ったのですが、

読み始めたら止まらない痛快さ

めちゃくちゃ面白いです。

 

 

主役の「悪役令嬢」レイチェルが最高。美しく気品があって賢い。

一見、大人しくて目立たないと思われていますが実は・・・

大胆不敵で危険も顧みない

相手が王族だろうが目上だろうがやられたら徹底的にやり返す。

 

悪役どころが完全にヒーローですよ(笑)。

 

 

彼女は王子エリオットのフィアンセですが、

この王子がどうしようもないお馬鹿さん。

男爵令嬢マーガレットに入れ込み言われのない容疑でレイチェルを牢獄に監禁

あらゆる嫌がらせで困らせようとします。

 

ところがレイチェルの方が何枚も上手でした。

 

あらかじめ用意していた物資で優雅な監獄ライフを楽しむ。

要人を集めて引っ越しパーティーまでしちゃう。

槍で刺されそうになればクロスボウのような武器で反撃。

王子のことは「あのバカ」呼ばわり。

 

 

 

王子のフィアンセの座を狙っていると思われる男爵令嬢マーガレットは、一見清純派を装っていますが実は超腹黒

 

そこが一生懸命で可愛いですけどね(笑)。

スラム生まれですが美貌と才覚を武器に成り上がり、王子の寵愛を得ようとしている。

教会で神様相手にキレるシーンが最高です。

彼女もレイチェルをやり込めようとして、まんまと返り討ちに遭っています。

 

 

レイチェルをどうにかするために集まった王子とその部下が会議をしているシーンが面白い。

 

当初の議題から外れて、いつの間にかレイチェルのスタイルの良さに話が移っていく。

秀才ポランスキーが、牢獄内にいるレイチェルはコルセットを付けていない

と推理すると、男たちは騒然となります。

王子は彼のことを思わずボインスキーと呼んでしまう。

 

クスッと笑えます。

 

王子とその取り巻きたちもどこか抜けてて憎めない。

 

散々レイチェルに引っ掻き回された後、

最終的にエリオットは王太子の座を剥奪されることになります。

 

 

レイチェル以外にもタフで型破りな女性がたくさん登場。

ツッコミどころ満載で、レイチェルの両親や国王夫妻もいいキャラしています。

 

 

あ〜こんなにスカッとする漫画久しぶりに読みました。

 

牢獄にいながら、自分の思う通りに生きているレイチェルは日に日に美しくなっていきます。

 

 

 

 

社会で生きてると、家族とか上司とか恋人とかいろんな相手に気を使って疲れます。

周りに合わせるように言われて生きてきたけど、本当に大事なのは自分がどうしたいか。

レイチェルのように思うように大胆に生きれたら楽しいだろうなー

 

続編があったら読みたい、と思ったけれど今のところ1巻までのようです。

 

もっとこの悪役令嬢の活躍が見たいので、原作の小説も買いました!