shrichangの日記

好きな漫画や小説の感想、オンライン講座、心の健康のことなど書きます。

日常の情景が切ないほど美しい 「煙と蜜」 あらすじ・感想

はいからさんが通る

「涙雨とセレナーデ」

「天堂家物語」

 

子供の頃から大正ロマンの作品が大好きな私ですが、

 

先日

煙と蜜 第1集 (HARTA COMIX)

 を衝動買いしました。

 

 

 

最近読んだ漫画の中で一番好きかもしれません・・・

 

 

 

 

 

 

 

〜ネタバレあります〜

 

 

 

 

 

 

舞台は大正5年、名古屋。

 

街には路面電車が走り、街ゆく人々は着物姿。

どこか懐かしい風景が広がっています。

 

 

 

主人公は姫子12歳。

切り揃えた髪にリボンが可愛い元気な女の子です。

母親や祖父、女中たちに囲まれて大切に育てられています。

 

母親が病気のため、東京から名古屋に移ってきました。

 

女中の龍姐、月子、星子、こま子は姫子にとっては姉のような存在。

一緒にちゃぶ台を囲んで食事をし、時には枕を並べて一緒に眠ることもあります。

 

 

そんな姫子には、いつも訪問をとても楽しみにしている相手がいます。

 

18歳年上の婚約者、文治。

軍服を着こなし、タバコを吸う彼は姫子にとって憧れの大人の男性」です。

 

文治は姫子のことを許嫁殿と呼び、大人の女性のように敬意を持って大切に接します。

 

 

姫子は文治のことが大好きで大好きでたまりません

一途に彼を慕う様子は本当に健気で可愛い!

 

それは単に子供が大人に対して抱く憧れではないようで・・・

 

姫子のしゃっくりが止まらなくなってしまったとき、文治は彼女の耳に指を突っ込んで止めようとします。

 

思わず真っ赤になる姫子

 

その後、ひとりきりになった時にそっと自分の耳に触れる彼女の表情は

恋する大人の女性そのものです。

 

ある嵐の夜には、

女性だけでは不安だから、と文治も家に泊まることになります。

 

 文治や女中たちと一緒に布団を並べて眠る姫子。

 

真夜中に目が覚めると、文治がひとり起きてタバコを吸っていました。

姫子が怖くないように、彼女が眠るまで手を握っていてくれる彼

 

翌朝、かすかに残るぬくもりと煙草の匂いを感じる姫子でした。

 

 

 

 

姫子と文治の初々しい恋だけではなく、この作品で感動したのは家族の絆です。

 

姫子の母は胃潰瘍を患っています。 

 

ある日、女中たちの外出中に吐血してしまう母。 

姫子は、転びながらも必死に医者を呼びに走ります。

 

 

母親の苦しみに気づかなかった自分を責める姫子に、

母は笑顔で「ありがとう」と言います。

思わず泣き出してしまう姫子。

 

 

母娘の愛情が伝わってきて、一番感動したシーンです。

 

 

 

 

 

「煙と蜜」では恋敵が登場したり嫉妬に苦しんだり・・・などの事件は起きません。

 

 

 

 

ただ姫子と文治、周りの人たちの日常が細やかに描かれます。 

 

 

 

秋には月見団子を作り、縁側に座って一緒に美しい月を眺める。

 

 胡麻和え、味噌汁、秋刀魚、おひたし、煮付け・・・

おいしい手料理を作って皆で囲んでワイワイ食べる。

  

 

日常の一瞬一瞬がこんなにも愛おしく感じる作品は初めてでした。

 

 

 

姫子は大切にされているお嬢様ですが、芯が強く、自分でなんでもやろうとする強さを持っています。

そんな彼女を見守り、ゆっくり時間をかけて愛情を育もうとする文治。

 

 

作品の中に流れている空気や穏やかな時間がとても心地良く、

宝物のような本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

煙と蜜 第一集【電子書籍】[ 長蔵 ヒロコ ]

価格:726円
(2020/1/16 14:52時点)
感想(0件)