shrichangの日記

好きな漫画や小説の感想、オンライン講座、心の健康のことなど書きます。

誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~ 2巻 あらすじ・感想

 

 

「誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~」

の2巻を読みました。

 

 

 

 

1巻のラストで

公爵と一緒に王宮での夜会に出席したヴィオラ

  

無事、公爵夫人として社交界での役目を果たしてほっとしたのも束の間、

公爵が今日は本邸に泊まる、と言い出して・・・

 

 

 

 

 

 

〜ネタバレあります〜 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜会の翌朝。

 

公爵と一緒に朝食のテーブルについたヴィオラは、 

並べられた豪華な料理の数々を目にします。

 

 

残すのはもったいないから・・・と無理やり完食しようとするヴィオラですが

腹痛で倒れてしまいます。

 

 

慌てて彼女を抱き上げ、寝室へ運ぶ公爵。

 

心配のあまりそばを離れることをためらいますが 、

自分は大丈夫、というヴィオラの言葉に

後ろ髪を引かれるようにして出かけていきました。

 

 

一方、公爵が自分に会わずに出かけたことを知ったカレンデュラは、

憤りを隠せません。

 

 

 

カレンデュラがイライラしていることを使用人達から聞いたヴィオラ

 

やはり彼女と公爵は仲違いしているのか

と疑問を口にします。

 

しかし、使用人達の話では喧嘩はしていない、とのこと。

 

それでは、なぜ公爵は本邸を頻繁に訪れるようになったのか・・・?

 

ここで、初めてヴィオラ自分が原因である可能性に思い当たります。

 

 

 

 

その日、普段よりも早い時間に帰宅した公爵。

ヴィオラに、腹痛に良いとされる貴重な薬草を贈ります。

 

国王から直々に頂戴してきた、との言葉に

食べ過ぎが原因であることは言えないヴィオラ

 

 

 

その日の夕食。 

ヴィオラは、自分は軽い食事で済ませるので

公爵は離れでお召し上がりください

と勧めます。

 

 

しかし、公爵はヴィオラが心配なのでこちらに泊まる

と言い出します。

 

慌てるヴィオラ

執事ロータスの助太刀もあり、しぶしぶ離れに行くことに了承した公爵でした。

 

 

 

 

翌朝、

てっきり公爵は別邸からそのまま出かけると思っていたヴィオラは、

彼が本館に来たと聞いて驚きます。

 

彼女の体調を案じる公爵。

 

ヴィオラの頬にそっと触れると

早めに帰宅するから安静にしているように

と告げて出かけていきました。

 

 

彼に触れられたところが熱をもったようで

思わず顔を赤らめるヴィオラ

 

  

 

その日、カレンデュラが本邸を訪ねてきます。 

 

ダンスレッスンのためにドレスを着ていたヴィオラを見て

あなたが公爵夫人?

と尋ねるカレンデュラ

 

 

彼女を本館から追い返そうとするロータス達と言い争いになります。

 

 

そこにやってきた公爵。 

自分と別れてほしい

カレンデュラに切り出します。

 

かつての自分は、公爵家という責務から自由になりたかった。

しかしヴィオラがやってきてから家の雰囲気が変わり、

いつしか彼女自身に惹かれるようになった・・・ 

 

これからは自分がヴィオラを支えていきたい

と、熱く語る公爵。

 

怒りの表情のカレンデュラ

 

 

 

その時、ヴィオラがツッコミます。

カレンデュラと別れるなら妻役の自分も不要ではないか? 

 

 

いやいや、ヴィオラとは別れたくない! 

言い張る公爵。

 

ヴィオラは、

公爵は恋愛対象ではない

二股男は御免被る

とバッサリ切り捨てます。

 

 

この展開に

カレンデュラは耐えきれずに笑い出してしまうのでした。

 

 

 

 

***********

 

 

公爵から大事にされるようになったヴィオラ

彼に触れられて顔を赤らめたりしていたので、このまま両思いか・・・?

と思っていたら、全然違いました。

 

公爵なりにケジメをつけようとしたようですが、

彼の告白にも心動かされなかった様子のヴィオラ

 

カレンデュラも加わって、公爵がけちょんけちょんに言われるさまは

喜劇を見ているかのようで面白い。

  

愛人がいる前提で結婚したのに、妻の方が好きになったから乗り換えたい・・・

なんて、都合の良すぎる話ですよね。

 

 

 

これまでカレンデュラはみんなの嫌われものというイメージでしたが、

実はサバサバしてかっこいい女性だと判明。 

もう少し登場していてほしかったな〜とちょっと残念でもあります。

 

 

公爵の方はヴィオラのことを全く諦めていない様子。

愛人不在となったいま、この契約結婚は一体どうなるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~ 2【電子書籍】[ 木野咲カズラ ]

価格:660円
(2020/1/16 14:48時点)
感想(0件)